トップページ特集自転車事故防止へ 広島県警交通企画課 佐賀剛管理官に聞く

特集特集

子供の命を守りたいキッズセーフティーチャレンジ

自転車事故防止へ

 子どもにとって自転車は頼もしいパートナー。しかし、注意力が足りなかったり、使い方を間違えたりすれば、危険な乗り物になってしまう。悪質な自転車運転や事故が後を絶たない中、6月に道路交通法が改正された。事故につながる運転を危険行為として明文化し、違反を繰り返す運転手に安全講習を義務付けた。深刻な自転車事故の歯止めになるのか。広島県の自転車事故の現状や改正道交法について、広島県警交通企画課の佐賀剛管理官に聞いた。(迫佳恵)

広島県警交通企画課
佐賀剛管理官に聞く

誰でも可能性がある自転車事故
子供のうちにルール習慣付けを

「車との出合い頭」多く

広島県の自転車事故の現状は。
 2015年10月末で、交通事故は8926件。そのうち自転車がからむ事故は1603件で約2割を占める。高校生以下の自転車事故は430件で、半数は高校生が占めている。自転車事故の多くは、車との出合い頭による事故だ。
 昨年同期に比べ、事故件数は減っているが、自転車事故の割合は横ばいとなっている。2人乗りや携帯電話を見ながらの運転、右側通行など、軽い気持ちで、あるいは無意識にしている人が多い。自転車は免許がいらず、便利な乗り物だが、一歩間違えれば凶器になりうることを認識してほしい。

改正道交法のポイント、狙いは。
 信号無視や一時不停止、ブレーキのない自転車の運転など、重大事故につながる14項目を危険行為と指定。3年以内に2回摘発された14歳以上の違反者には、3時間の講習(5700円)を新たに義務付けるようにした。受講命令に従わないと5万円以下の罰金になる。事故防止の機運が高まり、指導や取り締まりも厳しくなった。
 広島県内で、危険行為として警察庁に登録されたのは29件(11月10日現在)。そのうち送検は24件、交通切符の交付は5件。多くはハンドル操作を怠るなどの「安全運転義務違反」。次いで、右側通行などの「通行区分違反」。これまで、違反と気付かずに繰り返していることもあり得たが、改正道交法が報道などで注目され、多くの人に改めてルールや制度が広まった。講習先などの周知も進んでおり、事故防止の抑止力につながっていると感じている。

自転車向け保険 検討を

自転車事故の恐ろしさは。
 誰でも、いつでも起こる可能性がある。子どもでも被害者、加害者になってしまう。加害者になると、子どもでも多額な賠償金背負うことにもなる。神戸地裁で2013年、自転車の小学生が􅅉歳代女性をはね、損害賠償約9500万円の支払いを命じられたこともあった。万一の備えは必要で、自転車利用者向けの保険も検討してほしい。自動車の任意保険などの特約で付いていることも多い。自分がけがをした場合、傷害保険に入っていれば治療費を補償してもらえる。
 自転車本体に適応される「TSマーク付帯保険」は、自転車店で千円前後で加入でき、最高5千万円の保険金が受けられる。事故が起こってからでは遅い。保護者が最低限の対策を考えてあげてほしい。

交通事故を減らすためには。
 継続的に正しい運転の意識付けができるかどうか。集中力、吸収力に富んだ子どものうちに自転車の正しい運転を習慣付けてほしい。しかし、指導を受ける子どもがその気にならないと効果が薄い。まずは大人が見本を見せるとともに、ルールを学ぶ機会を多く設け、継続すること。保護者や教員のほか、地域の人の声掛けなど協力を得ながら、生活の中で決まりを守る心を育てるのが大切だ。

改正道交法の狙いや広島県の事故状況などを説明する佐賀管理官


ページトップへ

協 賛 公益財団法人 渋谷育英会 / 公益財団法人 小丸交通財団/福山通運株式会社 協 力 広島県 / 広島県警察 / 広島県教育委員会 /公益財団法人 広島県交通安全協会